子供好きの看護師必見!

詳しく知ろう「保育園看護師」について

詳しく知ろう「保育園看護師」について

ここでは、保育園看護師の具体的な求人の探し方などではなく、保育園看護師の需要や仕事内容、実際に働くことになった際の1日のスケジュールや向いてる人の特徴などについて、保育園看護師に興味がある人に最初にチェックしておいてほしい情報を紹介しています。病院などで働いているといまいちイメージしづらい働き方だと思いますので、ここで保育園看護師について詳しく知り、自分に本当に向いているかどうかを判断していきましょう。

  • 保育園看護師の需要が高まる

    病気を抱えている子供がいる場合、保護者にとっては預け先となる保育園に看護師がいるかどうかというのは重要なポイントとなります。今のところすべての保育園に看護師が配置されているわけではありませんが、私立の場合は義務化されているので必要です。公立は義務化されていませんが、私立の配置義務化の影響もあり配置する保育園は増えてきています。また、保育園自体の需要が高まっているので、それに伴って保育園看護師の需要も増えていくことが予想されます。

  • 仕事内容について

    保育園看護師の主な業務は園児たちの健康管理になりますが、子供向けに工夫して健康指導を行ったり保護者と連携しながらケアをするといったことが必要になってきます。子供たちは保育園にいる間ずっと触れ合うことになるので、感染症予防も重要になってきます。また、子供だけではなく保育園にいる人全体の健康管理も大切な仕事になります。保護者とのコミュニケーションで子供の健康状態を把握したり、保護者へ健康指導をする場合もあります。

  • どんな人が向いてる?

    保育園看護師に向いてる人はどんな特徴を持っている人なのでしょうか。まず、子供が本当に好きかどうかが重要です。単なる子供好きではなく、子供の明るい未来を願って真摯に向き合えることができるかどうかが重要です。また、看護業務以外にデスクワークも多く発生するので、そういった仕事が苦じゃないかどうかも重要です。そして、正社員ではなく非正規雇用のケースが多いので、給与が低くても大丈夫な人も向いてます。さらに、育児経験のあるベテラン看護師にもおすすめです。

  • 1日のスケジュール

    保育園看護師の1日のスケジュールを紹介していきます。朝はその日に休んでいる子供はいないか、体調の良くない子供はいないかをチェックし、子供がお散歩に行っている最中におもちゃのアルコール消毒などをしておきます。昼食時には保育士と一緒に食事介助を行い、お昼寝の時間になったら保育ノートを確認して情報収集などを行っておきます。そして午後は日誌の記入や保健だよりの作成などを行い、お迎えの時間になったら必要に応じて保護者とコミュニケーションをとっていきます。

魅力沢山のお仕事

子供好きな看護師の職場と言えば小児科が思い浮かぶかもしれませんが、もう一つ見逃せない仕事があります。それが、当サイトで紹介する「保育園看護師」です。この仕事のやりがいや魅力をたっぷり紹介していきます。【当サイトお問合せページ】