子供好きの看護師必見!

仕事内容について

仕事内容について
LINEで送る

子供たちの健康管理

保育園看護師の主な業務と言えるのが園児の健康管理です。健診や視診、触診、服薬介助、病後児保育を行い園児の健康維持に努めます。大人向けの健康指導ではなく、子供向けに人気のキャラクターなどを使いながら興味を引きつつ健康指導を行うなどの工夫も必要になってきます。最近ではアレルギーを持つ子供が増えてきたので、一人一人異なるアレルギーの原因や症状を把握し、保護者と連携しながらケアをしていきます。また、看護師だけではなく周りの職員にもアレルゲンの情報共有をしなければなりません。
園児がケガや発熱をした時の応急処置も行います。採血や点滴などの医療行為は保育園内で行うことはできないので、必要な場合は保育園と連携している地域の病院へ搬送して行う必要がありますが、そういった医療行為が必要かどうかの判断は保育園看護師が行います。
また、保育園では子供たちが長い時間を集団で過ごし、その間に食事や遊びなどでお互い接触する機会が多いので、感染症の予防は重要な仕事となります。手洗いやうがいなどの基本的な対策以外にも、子供たちへの健康教育やタオルやコップなどの衛生管理も必要になります。普段から子供たちをよく観察し、異常があった場合には早期発見できるようにしなければなりません。

それ以外のケア

子供たちの健康管理だけではなく、保育士や栄養士など保育園で働く職員の健康管理やケアも必要となります。保育園全体が健康管理に気を付けて正常に運営されるように、自身を含めた園内の人間全員を病気から守るといった意識をもって働いていきます。
また、保護者への健康指導も重要な仕事の一つとなります。預かっているときの健康状態だけではなく、その子に適した健康管理の知識を保護者へ伝えていかなければなりません。もし保護者から健康に関する質問があったら、看護師として適切な回答をしなければなりませんし、不明点があれば医師に確認して保護者の不安を解消するように努めていきます。保育園では園医と呼ばれる嘱託医と契約していますが、常駐しているわけではないので有事の際はスムーズに連携が取れるよう、日ごろから気になる点などがあれば相談などをして緊密な連携関係を築いておく必要があるでしょう。また、保護者向けの保健だよりを発行するなどして、子供が罹りやすい病気の知識を発信していくことも必要になります。
そして、保育園によって異なりますが0歳児のクラス担当になることもあります。免疫がほとんどなく体調の変化がおこりやすい時期のため、より注意深く子供たちをみていく必要があります。クラス担任になった場合には、保育計画を立てることはありませんが業務内容を日誌に記録するなどの作業が必要となってきます。

魅力沢山のお仕事

子供好きな看護師の職場と言えば小児科が思い浮かぶかもしれませんが、もう一つ見逃せない仕事があります。それが、当サイトで紹介する「保育園看護師」です。この仕事のやりがいや魅力をたっぷり紹介していきます。【当サイトお問合せページ】