子供好きの看護師必見!

どんなメリット・デメリットがある?

どんなメリット・デメリットがある?

保育園看護師として働くことでどんなメリットが得られるのか、またはどんなデメリットがあるのかを把握しておきましょう。多くの子供たちと密接に関わりながら仕事をしていくため、人間の成長を目の当たりにする感動を得ることができます。その一方で、感染症にかかりやすいなどといったデメリットがあるのも確かです。実際に保育園看護師に転職を決めた看護師の体験談も紹介していきますので、興味があるという人はぜひこれらの情報を参考にしてください。

  • やりがいや魅力について

    保育園看護師として働くと、病院勤務では味わうことのできないやりがいや魅力を感じることができます。保育園では季節ごとに行事があり、そのなかで子供は様々な表情を見せながら周りの友達とともに成長していきます。そんな子供たちの成長を間近で見守ることができるのはこの仕事ならではの魅力です。また、日勤のみで土日が休みというメリットも見逃せません。プライベートを大事にしたい人にとっては非常に魅力的なポイントでしょう。

  • 保育園看護師特有のお悩み

    保育園看護師には様々なメリットがありますが、それだけではなく人によってはデメリットに感じる部分もあるのでしっかり理解しておきましょう。看護師として保育園で働くことになるので、当然主な業務は園児たちの健康管理になるのですが、それだけではなく保育業務なども兼務することになるので、看護業務だけやりたいという人にはデメリットになるでしょう。その他にも、周りに頼れる看護師や医師がいないことや、感染症リスクなどもデメリットとなり得ます。

  • 子供とより関わりの多い仕事ができる

    保育園看護師のメリットの一つである、子供と関わりながら仕事ができるという点を重視して転職を決めた看護師Bさんの体験談を紹介します。もともと子供が大好きで看護師か保育士になるかで悩み看護師を選んだBさんですが、最初は大学の小児科病棟で働いていたものの経験を積むにつれ現場での仕事が少なくなってきたため、保育園看護師への転職を決意したそうです。給与面を見ると病院勤務の頃より大きく差があるものの、子供とより関わりのある仕事ができることに満足しているようです。

  • 子育てとの両立ができる

    ここでは、保育園看護師のメリットの一つである育児との両立について、保育園看護師として働くAさんの体験談を通じて紹介していきます。もともと小児科病棟で働いていたAさんは結婚を機に一度退職し、その後保育園看護師として働き始めて多くの魅力を感じ、今では3人目の子供の出産を控えていますが、今後も仕事を続けていきたいと考えているようです。子育てとの両立を考える看護師の方は、ぜひAさんの体験談を参考にしてみてください。

魅力沢山のお仕事

子供好きな看護師の職場と言えば小児科が思い浮かぶかもしれませんが、もう一つ見逃せない仕事があります。それが、当サイトで紹介する「保育園看護師」です。この仕事のやりがいや魅力をたっぷり紹介していきます。【当サイトお問合せページ】