子供好きの看護師必見!

保育園看護師特有のお悩み

保育園看護師特有のお悩み
LINEで送る

看護業務が少ない

例えば小学校の養護教諭の場合だと保健室で待機して病気やケガを負った生徒への看護ケアをしますが、保育園看護師の場合は子供たちと一緒に遊んだりなどの保育業務を兼務する場合が多いです。これは普段から子供と触れ合っておかないと調子が悪い時のケアができないため大切な業務になるのですが、多くの時間を保育業務に費やすことで本来やりたかった看護業務のやりがいが少ないと感じている保育園看護師も多いようです。
また、子育ての経験がない、あるいは前職が小児科以外で働いていた看護師は、保育園看護師になったことでいきなり大勢の子供の看護を任されることになるので、どのように子供の看護をしていけばいいか分からず悩んでしまうケースもあるようです。

孤独な環境

保育園看護師は、多くの場合保育園一つにつき一人の配置です。また、看護師が配属されるようになって間もない保育園も多いので、保育士との人間関係に悩む人も多いようです。また、職員だけではなく保護者との人間関係に悩むケースも少なくないようで、体調が悪い子供のケアを一所懸命にやっても、迎えに来た保護者からクレームを受けることもあり、それが大きなストレスになってしまうこともあるようです。
前職では悩み事があれば先輩看護師や医師に相談することもできましたが、保育園には看護師が自分一人しかいませんし、医師も常駐しているわけではないのですぐに相談することができません。緊急時の判断についても保育園看護師に任されるため、判断に迷って不安になることもあるようです。

感染症リスク

子供たちと密接に関わりながら仕事をしていくことになるため、感染症にかかるリスクが非常に高いというリスクもあります。特に溶連菌やマイコプラズマ肺炎、急性胃腸炎などは園内で流行りやすい感染症で、保育園看護師になってから一通りの感染症にかかったという人も多いです。こればかりは予防するにも限界があるので、保育園看護師になったらこれらの感染症にはかかるものだと覚悟を決めておいたほうがいいかもしれません。

自分の子供の行事に出られない

保育園は営業日が決まっているので休みの日が決まっているというメリットがある一方で、保護者参加型の土日に開催される行事はどこの保育園もほぼ同じ日程で行われることになるため、もし自分の子供も園児たちと同じくらいの年齢だった場合、保育園の仕事があるため自分の子供の行事に参加できないというケースが考えられます。基本的に保育園看護師は一人しかいないので、子供の行事だからと言って仕事を休むわけにはいかないのです。

魅力沢山のお仕事

子供好きな看護師の職場と言えば小児科が思い浮かぶかもしれませんが、もう一つ見逃せない仕事があります。それが、当サイトで紹介する「保育園看護師」です。この仕事のやりがいや魅力をたっぷり紹介していきます。【当サイトお問合せページ】