子供好きの看護師必見!

やりがいや魅力について

やりがいや魅力について
LINEで送る

子供たちの成長を実感できる

保育園にいる子供たちは就学前の幼児です。季節ごとに保育園で行われる行事やいろんな遊びを通じて他の子供たちと触れ合いながら成長をしていきます。子供の成長が豊かになるように保育計画を立案して実行していくのは保育士の仕事ですが、その中で保育園看護師も子供の成長をサポートしていきます。そのため、子供の成長を間近で見ることができます。歩けるようになった、しゃべる言葉がどんどん増えていく、友達と仲良く遊べるようになったなど、子供は日々多くのことを吸収しながらすごいスピードで成長していくので、感動する場面に立ち会うことができます。そんな子供たちが無事成長できるように健康面をサポートする保育園看護師に大きなやりがいを感じている人が多くいます。
小児科も同じく多くの子供と触れ合う仕事ではありますが、小児科の場合は病気やケガに苦しんでいる子供を相手にすることになります。その点、保育園の場合は基本的に健康な子供と接することになるので、そんな子供たちから自分も元気をもらうことができます。

日勤のみで土日祝休み

保育園看護師のメリットとして、日勤のみで働くことができるという点も見逃せません。延長保育をしている保育園でも大体7時から19時くらいで、その中でも看護師は8時半から17時半くらいの勤務時間であることが多いです。緊急の対応がなければ、大体は残業なしで帰宅することができるでしょう。加えて、保育園が休みのときは仕事も休みなので、休みの日が決まっているのも魅力的な点です。日曜日と祝日は基本的にやっておらず、土曜日に開園している場合でも預かる子供の数が少ないので看護師は休みのケースが多いです。土日祝が休みになるというのは看護師の仕事には珍しく、非常に嬉しいポイントです。そのため、家庭と仕事の両立を目指す看護師にはおすすめであると言えるでしょう。
ただし、夜間保育をしている保育園の場合は夜勤が発生し、そういった保育園へ正社員で勤める場合にはシフト制で働くことになるので、事前に雇用形態や保育園の運営時間をしっかり確認しておくようにしましょう。

プレッシャーが少ない

最後に、医療行為がないので病院などでの勤務よりも精神的に楽であるというメリットもあります。保育園看護師は子供たちの健康管理が主な業務になり、医療行為が必要な際は提携している地域の病院へ子供を搬送することになります。加えて、上述にもあるように基本的には健康な子供たちを相手にすることになるので、プレッシャーに常時さらされるということはありません。病院に勤めていて仕事のプレッシャーがつらいと感じている看護師は要チェックです。

魅力沢山のお仕事

子供好きな看護師の職場と言えば小児科が思い浮かぶかもしれませんが、もう一つ見逃せない仕事があります。それが、当サイトで紹介する「保育園看護師」です。この仕事のやりがいや魅力をたっぷり紹介していきます。【当サイトお問合せページ】