子供好きの看護師必見!

給与事情を理解しておこう

給与事情を理解しておこう
LINEで送る

病院勤務と比較すると低い

保育園看護師として常勤で勤務する場合、月給は約20万円~30万円ほどのところが多いようです。年収でみると、これに加えてボーナスがあるので大体300万円~400万円ほどとなります。ただし、ボーナスについては職場によって支給額が大きく異なる部分ですのであくまで目安となります。病院勤務の看護師の平均月収が約32万円、年収が470万円なので、それと比較するとやはり低い金額となります。

なぜ低いのか

なぜ保育園看護師の給与が低めなのかと言いますと、病院、特に病棟勤務だと必ず発生する夜勤がなく、残業も少ないというのが大きな理由として挙げられます。病院勤務の看護師の給与を細かく見ていくと、月収は30万円~35万円、年収450万円~500万円となりますが、この金額は夜勤手当や残業代をすべて含めたものとなりますので、それがない保育園看護師は当然給与額が低くなるということです。保育園看護師に限らず日勤のみで残業の少ない仕事、例えば健診センターなどに勤める看護師の給与は低めとなっています。
このように給与面だけをみると病院勤務のほうがはるかに稼ぐことができますが、そもそも保育園看護師に転職する人は給与面を重視している傾向が少なく、シフト制ではなく休みの日が決まっていて、夜勤や残業がないという点に魅力を感じていることが多いので、大きな問題と考えている人は少ないようです。

保育園によって差がある

保育園看護師の給与について紹介しましたが、上述の数字がすべての保育園に当てはまるわけではありません。保育園は公立と私立、そして認可と無認可に分けることができます。こういった運営形態の違いによって給与にも大きな差があることを知っておきましょう。例えば公立の保育園の場合、運営しているのは地方自治体になります。つまり、そこに勤務する職員は公務員扱いになりますので、その分給与や待遇も良いといった特徴があります。逆に私立の場合、給与や待遇は運営母体によって異なるので、求人情報をよくチェックしておかなければなりません。最近は企業経営の保育園が増えていることもあり、企業の規模や経営者の方針、または正社員か非正規雇用かの違いによって条件が大きく異なってきますので、求人を探す際は注意しましょう。

まとめ

このように保育園看護師の給与は勤務体系が規則的であるため、一般的な看護師とは給与面で大きな差が出てきてしまいます。ですが、保育園看護師じゃないと経験できない魅力があるのは確かで、無理のない勤務形態だけではなく子供たちと触れ合う喜びなどもあります。現在病院勤務で保育園看護師への転職に興味があるという人は、自身の生活環境や仕事に求めるやりがいなどをきちんと整理してから検討してみましょう。

魅力沢山のお仕事

子供好きな看護師の職場と言えば小児科が思い浮かぶかもしれませんが、もう一つ見逃せない仕事があります。それが、当サイトで紹介する「保育園看護師」です。この仕事のやりがいや魅力をたっぷり紹介していきます。【当サイトお問合せページ】